闘病日記

手術をおえて(後編)

こんにちは!前編を読んでくれた方も後編から読んでくれた方もありがとうございます。

退院が近づいてきて、早いものだなぁと思いながら続きを書きました〜。

 

さて、それでは続きを書いていきますね!

術後4日目

ちょっとずつ元気になってきて、硬膜外麻酔も空っぽになったのでそれを抜いてもらうことに。痛いのかな〜なんて思っていましたが、全く痛くなく何事もなく事を終えました。

 

一つずつ体に繋がれているものがなくなっていき、脱スパゲッティ症候群(ツイッターのフォロワーさんのネーミングお借りしました)へ向かっていくのがとても嬉しかった。

 

日曜日ということもあり、さらにコロナウイルスが流行っているので面会者もそれほど多くなく閑散とした病院となっていました笑

 

今日は僕が以前買っていた「ito」というボードゲームを母が持ってきてくれたので、父親と三人でやっていました。すると妹がきてくれたので四人でやりました。

妹の天然さや両親が笑顔で楽しんでくれたので買ってよかったなと思いました。僕自身も楽しめました。

軽く説明すると1〜100までの数字から1人1枚カードを引いて、他の人には見せないようにします。

お題カードがあるのでそのお題で、自分の数字がどれくらいなのか表現して、小さい数字を持っている人から出していく協力ゲームです。(裏切りゲームもできます笑)

家族に元気をもらってご飯もしっかり食べました!

 

しかし、1つ問題があって便が出ていない。出ている気がしなかった点です。ご飯を食べ始めて4食終わったのにも関わらず出ない。

ガスは出ていたので、そこまで問題ないよと看護師さんに言われるけれど自分は不安で仕方なかった。

 

痰の絡みはだいぶ落ち着いてきて寝やすくなってきた。

術後5日目

週明け月曜日、この日は朝からレントゲンをとってもらった。お腹の張りが酷くなってないかなどを確認するためだろう。

立って1枚とって、寝転んで1枚をとる。寝転ぶ時傷口が痛むのかなと思ったけれど、ある事をしたおかげで想像していたよりは痛くなかった。

 

寝転ぶのは痛みの恐怖があったのですが、先生が台に腰をかけて、横を向きながら寝転ぶと痛み和らぐよ!と言われたのでその通りにしてみました。

 

するとこれは全然余裕で耐えられるなと。

 

起き上がる時も同じように仰向けから横向きになって起き上がる。

 

病室に帰ると、先生の回診で首のチューブが入っていた部分のテープも剥がしてもらい、本当にどんどん自分が自分であるかのような感覚になっていった。

 

この日くらいから5分菜に変わった。全粥に代わりおかずの品も少し増えた。嬉しいんだけど便が出ないことには全部食べる気持ちにもなれなかったし、お腹の減りも段々と悪くなっていった。

この日は眠剤をもらってしっかり眠ることにした。

 

術後6日目

この日嬉しいことに、朝の回診で肝臓近くに入っていたドレーンが抜けた。あれ、ドレーンってネットで調べると1週間以降に抜けるって書いてあるぞ?笑

 

まさかの術後6日目にしてドレーンが抜けて残すは点滴だけに。

 

前回のドレーンを抜いた時はそんなに痛くなかった。しかし、今回は医学生という未来の先生が抜くということになり、正直怖かった。案の定、痛い。結構な勢いで抜こうとしていた。普段の多少の痛みなら我慢するけれど、流石に痛いアピールをしてしまった。

 

黒ちゃん
未来のお医者さん、経験積んで上手になってくださいね!

 

この日、実は朝に嬉しいことがもう一つあった。それは便が出たのだ。待望の便が出たおかげでご飯がしっかり食べられるようになった。

 

さらに嬉しいことにドレーンが抜けたおかけでシャワーの許可が降りた!

 

約1週間ぶりのシャワーは最高だった。言葉で言い表すことのできない高揚感と安堵感。

 

さらに良いことに溜まっていた便がまた出てくれた。この時、自分は勝手にもう大丈夫だ!と思った。

 

自分の体力、傷の回復に驚きながらも早く退院できるように歩いたり、たくさん会話をしたり、座って痛みが出ない事を確認したり。

 

看護師さんに

 

黒ちゃん
もう退院できますね!準備できてます!

 

こんな事を毎回のように言っていました笑

 

言霊というか、自分は退院するぞという意志を見せ続けたら早く退院できるんじゃないかなと思っていました。

 

この日も両親は駆けつけてくれて、大した話もしないですが、僕は嬉しかったです。

 

夜には日課になっている愛犬とのテレビ電話。ガウガウ言って遊ぼうとおもちゃを振り回すアクア。自分の世界に入り込むララ。どちらも最高に可愛い。散歩を電話しながら行ってくれたので、擬似散歩をしている気分でした!

 

早く一緒に散歩しなければという衝動に掻き立てられて夜眠れませんでした笑

術後7日目

この日は回診以外特に何もなく、ほとんど術前と同じくらいの動きが取れるようになってきました。ご飯のランクもさらに上がり、軟菜 1600に変わりました。

 

点滴棒をコロコロと転がしながら雨が降っているのを眺めていた。特に何もやる事もなかったのでブログに時間を使った。

 

この日は看護学生さんが帰校の日で来なかったので、さらに暇になるかな〜と思っていたけれど、お昼過ぎに僕がよく行くお店の大将と、松田選手と一緒に取材していただいた記者の方がお見舞いにきてくださいました!

 

将来ビジョンであったり、野球の話をたくさんすることができました!足元が悪い中きていただきありがとうございました!

 

Twitterでもたくさんの応援をいただき、それがまた回復する力になっています!僕一人だったらここまで早く回復することもできなかったです。

 

本当にありがとうございました。

 

 

次回の闘病日記は退院後のエピソードにします!

手紙だったり、コラムはかけたら書いていこうと思います。オンライン家庭教師の準備も進めていきたいと思います。

 

今日の好きな言葉

他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない。
そうでなければ、いかに巧みな作品でも決して生命ではない。
byミレー

 

今日の癒し画像

ペットボトルをかみかみするアクア

フリスビーの中に入るララちゃん

 

0




-闘病日記

© 2020 Life応援サロン Powered by AFFINGER5