闘病日記

好きなことをとことんやる

好きなことをやる

人には好きなことや熱中していることがあると思う。僕もかなり好きなこと、いわゆる趣味がたくさんある。

コーヒーを豆からこだわること

野球・ソフトボールをすること

カメラで写真を取ること

美味しいもの食べること

温泉に入ること

釣りをすること

犬と遊ぶこと

友達と遊ぶこと

人と話をすること

他にもたくさんある。

 

何がいいたいかというと、好きなことが多いことを自慢したいわけではなくて、どれもやっていること。そしてこれからも増やしていくということ。

好きなことをやっている時はいつも以上に幸せを感じる

この幸せをどんどん増やして、長生きしようと思う。

迷ったらやる

病気になる前までも僕は基本迷ったらやるというスタイルをとってきた。

 

失敗することもあったし、うまくいったこともある。

 

病気になってからのほうがもっと積極的に物事に取り組むようになった。

 

例えば、パソコンを買うか迷ったけど、これからいっぱい使えばいいと思って買った。そのおかげでパソコンの動きが遅いというストレスから解放された。

 

このブログを書くということに関しても最初は少し迷った。それでも自分の想いを伝える場所をつくりたいという想いから、書き始めることができた。少しずつではあるが誰かの役に立っている気がする。

 

迷ってやめてしまう勇気も、もちろん必要なことだけど、やらないで後悔をしたくない。やらないことの方がマイナスでしかないと考えるようになって、やってみたら案外なんとかなるものだ。

 

こだわり続ける

僕は形から入るタイプだけど、ハマりだしたら基本的にこだわることが多い。

 

物事をこだわることのメリットとしてはその物事に対してスペシャリスト、いわゆるちょっとした専門家みたいになれること。

 

いつかこのこだわりから仕事に繋がったらいいなと思う。というか必ずつなげていきたい。

 

デメリットはちょっと時間がかかるということ。時間がないと幾つものこだわりを持つことは難しい。

だけどこだわりは、その人の強く太い芯を作っていってくれると思う。

まだ僕はその域まで達していない。努力がたりてないなと感じる。これからもっと頑張る予定だ。

 

いつか役に立つ

好きなことはただの趣味で終わってしまうかもしれない。それでも全然満足できる。

それでも、もしかしたらどこかで役に立つ場面が来るかもしれない。

僕は一生懸命勉強をした経験と一生懸命野球を続けたおかげで、沢山の人と知り合うことができた。

今回の病気になった時、その知り合った人に助けてもらった。奇跡だったと自分でも思うけど、好きなことをとことんやった結果、起こすことができた奇跡だと思う。

 

だから、これからも好きなことを全力で楽しんでとことんやっていこうと思う。

 

 

今日の好きな言葉。

何で他人が俺の進む道を決めんねん。自分の道は、自分が決める。 by本田圭佑

0




-闘病日記

© 2020 Life応援サロン Powered by AFFINGER5