闘病日記

人付き合いに疲れた時に読んで欲しい話

自分の性格の話

僕の性格の一つに、周りに気を使いすぎること、があります。小学生の頃は全然そんなことなくて、どんどんいろんな友達を誘って遊んで、遊び歩いていました。

 

いつからかわからないけど、周りの目を気にして生活するようになりました。もちろん周りの様子を見て、ある程度気を使うことは必要だと思います。

 

でも、僕は家の中でも気を使って、喧嘩や言い争いが起きないように、起きたとしたら、その二人の愚痴を聞いてスッキリしてもらうなど、かなり神経を使っていました。

 

学校に行っても、友達と遊びに行くのにも、周りの空気を壊さないように、自分の意見を押し殺していたのか、思ったことを言えない自分がいました。

 

僕と似たような人や、めちゃくちゃ周りに気を使っている人って想像以上にいる気がしています。

 

それはかなり疲れることで、逃げ出して何もない空間に行きたくなることがあると思います。でも僕は病気になってから自分を変えた?というか変わった気がします。

 

人のことを良い意味で気にしなくなった

外に出たら、周りの視線を気にしていたり、自分の話をなるべくしなかったり、そんな気にしいだったのですが、病気になって考える時間がたくさんあるときにふと思いました。

 

黒ちゃん
誰も僕のことをずっと見ているわけではない

 

寝ているときに監視されているわけでもないし、好きなことをしている時に邪魔されるわけでもない。

 

好きなものが全ての人に否定されるわけでもない。家族が、友達が、知り合いが年がら年中、一分一秒、僕のことを見続けているわけでもない。

 

これを思った時に、そんなに気を張らなくても良いんだなと。自分は自分だし、人は人だと。そのおかげか、かなり気にすることが減った気がする。

気にしなくなったら楽になった

病気になってから、気を使う頻度や気の使いすぎがなくなったおかげで、周りの人のことがもっと好きになったし、見えなかったことに目がいくようになった。

 

そして、ストレスという大きな敵ともうまく付き合っていくことができるようになった。

 

母と散歩にいくことが昔は恥ずかしかったけど、今は全然そんなことなくて、堂々と一緒に散歩もいくし、買い物もいく。

 

友達関係も良い距離感で遊べるし、深い部分、その友達の想いを感じられるようになった。

 

変えるのは難しいけど試してみて欲しいこと

ララちゃん
今の関係を壊したくない。
アクア君
人付き合いに疲れてどうでもよくなった。
ララちゃん
周りが気になってしょうがない。

 

こんな人にアドバイスというか、そんなことをいって良いのかわからないけど、独り言だと思って聞いてほしい。

 

人との関係を変えることや自分の考え方を変えるのは相当勇気がいるし、正直怖いし不安だと思う。

 

それでも人生を楽しんだり、笑顔で過ごせるようになりたいと思うのならば、変化を、自分を変えることをして見てほしい。

 

もしそれで失敗したら僕に愚痴ってくれても良い。

きっと楽になるし、人生楽しくなる。それを今まさに僕は実感している。

 

僕はあなたが少しでも生きやすい思考というか環境になることを祈ってます。

 

コメントなり、気軽に連絡してください。力になれるかわからないけど、優しい言葉はかけられる気がします笑

0




-闘病日記

© 2020 Life応援サロン Powered by AFFINGER5