闘病日記

トレーニングしませんか?

トレーニング開始

僕は大学1年生まで野球を続けてきた。今でも草野球や早朝ソフトなどには参加している。

 

高校生の頃は自慢になってしまうけど、甲子園球児と変わらないほどの筋肉量だった。ZETTの体力測定(筋力測定)?で全国の高校球児の筋肉量と比較してランキングにしてもらった。

 

そんなゴリゴリの体をしていた僕は、病気になんてならないと思っていた。

 

だけど実際はそんなことなくて癌を患ってしまった。

 

 

その原因の一つに急に運動をやめてしまったことが関係している気がする。

よくアスリートが運動をやめたら急に体調が悪くなったと聞く。

アスリートの免疫は一般の人の数倍あるというのをテレビで見た。その免疫が一気に落ちたら体調が悪くなるのも納得がいく。

 

 

僕は激しい運動をやめてしまって数年たってからだが、病気になった。

 

代謝も悪くなった。

 

だから僕は以前の代謝と肉体を取り戻すべく立ち上がった。

 

目標設定!

僕の今の体は「InBody」によると標準の綺麗な形をしているらしい。

手術を何度も経験して標準というのも何だかおかしい気もするけど、僕は現役の頃のような体を取り戻していきたいと思う。

 

現在

体重63kg

体脂肪率17%

筋肉量51kg

 

目標を設定する。

 

1年後

体重64kg

体脂肪率12%

筋肉量54kg

 

トレーニングの目的は?

僕のトレーニングの目的は3つある。

抗がん剤(治療)に負けない体を作る

治療をしていくと、少なくとも体力は落ちていく。

この1年経験してきて実感している。

 

いつまで続くかわからないが、この治療が続いたとしても治療に打ち勝つ体を作って行かなければいけないと思う。

 

Twitterやネットから情報収集をしているとやはり筋肉量は低下するものだから維持できるようにトレーニングをしていくことがオススメされていた。

 

体を動かすと自分の身体が軽くなり気分も晴れるのでやっていく。

 

成功体験を作る

抗がん剤をやるようになってから、自分の体のだるさを言い訳にしてどんどん何もできない自分になっていった。

そうすると次第に

 

「体だるいから今日は」

「明日にはできる」

 

なんて先延ばしにして結局やらない自分になっていく。

 

これを変えなければ、僕が自立というか生きていくことはできなくなってしまう気がする。

 

だからまずは小さな目標を達成する成功体験を積み上げていきたいと思う。

 

見た目を変える

今現在もそんなに病気っぽくない体つきをしていると言われる。

 

だけど、そうじゃなくて

「めっちゃ元気じゃん。本当に病気なの?」

「いや俺らより健康じゃん」

なんて言われるような体を作っていきたい。

 

そして来年の夏は海に行く笑

 

以上3つの目的だ。

 

一緒にトレーニングしませんか?

トレーニングを続けることはとても大変で辛いことだ。

 

一人でやり続けるのはすごく難しい。

 

だから僕からあなたに提案をさせてください。

 

僕と一緒にトレーニングをしませんか?

 

身体を鍛えて何かが変わるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

だけどやってみないと何もわからない。

 

やったことをみんなで褒めて、褒めて、褒めて。

まずは今年良い一年でした!って言えるように一緒に頑張りませんか?

 

もし一緒にやるよ!って方いたらDMでもメッセージでも何でもいいので、やるよってサインを送って欲しいです笑

 

ワクワクの未来を作っていきましょ〜!

 

 

0




-闘病日記
-, , , ,

© 2020 Life応援サロン Powered by AFFINGER5